レースクイーン

神尾美月 初のデジタル写真集で水着初挑戦!母は心配「裸にならないよね?」

[ 2020年8月18日 17:00 ]

初デジタル写真集のPRをする神尾美月
Photo By スポニチ

 レースクイーンの神尾美月(25=T164・B88・W60・H88)が18日、初のデジタル写真集「瞳の向こう側」(集英社・発売中)のPRのため、東京・江東区のスポーツニッポン新聞社を訪れた。
 神尾は人気チーム「エヴァンゲリオンレーシング」でRQデビュー。業界NO.1と称されるルックスと抜群スタイルで新世代女王の大本命と注目を集め、「日本レースクイーン大賞2019」大賞に輝いた。「これからの伸びしろを考えて90点!」と自己採点する今作では初めて水着姿を披露。「(元RQ)藤木由貴ちゃんがグラビアをやっているのを見てかっこいいなと思って挑戦しました」と語った。

 撮影については「たくさんの人に囲まれて自分が水着っていうのが初めてだったので、めちゃめちゃ緊張しました。RQの子がグラビアでRQのポージングをしがちだと聞いたので、それはしないようにと心がけて、自然な素に近い感じを意識しました」と振り返った。

 作品について友人や父親から好評を得ているようだが、母親からは「ママは『すごくかわいいんだけど、これから裸にならないよね?大丈夫?』みたいな心配を…」と苦笑いした。

 3回目の挑戦で大賞を獲得したレースクイーン大賞について「前回(他の人ととの)力の差が分かった時があって挫折したんですけど、『今年は頑張ろう』と目標にしてきたの、獲れてすごくうれしかったです」と胸を張った。

 今後は「今まではRQしか見えてなかったけど、こうやって違うお仕事をさせていただいて、視野が広がりました。洋服も好きなので、ファッションモデルにも挑戦してみたいです」と声を弾ませた。

続きを表示

この記事のフォト

「眼福!巨乳&美乳」特集記事

「アイドル」特集記事

バックナンバー